♥ 可愛いモノ ♥
♥ 楽しいコト ♥
♥ 素敵なヒト ♥
そして、自作の帽子の事などを綴っています。



2007/10/30

❀Adidas Sneaker

以前 Sneaker Pimps のイベントにもアディダスのスニーカーを出品しましたが、今回はコラボ企画で作ってみました。
サンフランシスコのコンセプトショップで販売中です。

Adidas Concept Store
1420 Haight St
Upstairs from Shoe Biz

(between Ashbury St & Masonic Ave)
San FranciscoCA 94117

2007/10/28

❀Adidas x Momoca 2007

Adidas x Momoca コラボの新作です。






Adidas Concept Shop にて購入出来ます。
1420 Haight St
Upstairs from Shoe Biz

(between Ashbury St & Masonic Ave)
San FranciscoCA 94117






2007/07/08

❀Momoca at Vidal Sasson


数日前にこの間のヴィダルサスーンでのイベントの記事を書きましたが、ヘアースタイルと色が見えにくかったのですが、あるフォトグラファーの方が写真を送ってくれました...良かった〜。

            
コレは襟とタンクトップは別のピースになってます。服の鮮やかさが髪にぴったりで良かった〜!



全員集合!
男の子には Jasko の Official Tourist を着てもらいました。




2007/07/05

❀Momoca with Vidal Sasoon

数日前にサンフランシスコのビダルサスーンでヘアーショウがあったのですが、モデルさん達が Momoca の服を着てくれています。
そこで働くアートディレクターをしているお友達のマイクの提案だったのですが、すごく楽しいイベントでした。
ヘアーカットもとっても斬新だし、カッラーリングも何色も重なっていてとってもユニークでした。
上の写真のショートカットの二人には Adidas x Momoca のコラボの服を着てもらいました...
この写真お気に入りです。



ココから下 Momoca の服です。( Adidas x Momoca のコラボではなくて...) 
モデルさんたちのカラフルな髪にぴったりの洋服がマッチしているのですが、写真では髪の色が分かりにくいですね。





2007/04/02

❀Okoshimono

日本では桜の舞う4月ですが.. 1ヶ月前の桃の節句の頃のお話しです。 


ちなみにバークレーでは桜は2月の上旬から中旬にかけて花を咲かせますが、
日本ほど幹の太い木はなかなか見られません、だいたいの桜の木は
直径15cmぐらいかな〜。あくまでもうちの周りで見かける桜の木の話ですが...





以前、春に日本へ帰省した時に3月3日のひな祭りに雛人形を飾ってあげないと
娘がお嫁に行けなくなるから出しておこう!(そういう迷信?言い伝えがあるらしい)
と母が押入れから出して飾ってくれたのが2年前、今年はあさみちゃんが 
おこしもの を作ったものを御裾分けしてくれました。


彼女は日本に住むお母さんにおこしものの型を送ってもらって作ったんだそうです。


彼女から頂いたプレゼントのフタを開けたとたんにあまりにもカラフルで
粋なものが入っているのでビックリ!!!、食べるのもったいなーいな!
と思い写真を取ってイメージだけでも残しておこうと思いました。


赤い部分はビーツのゆで汁から、グリーンは抹茶の色で、
黄色だけはどうしても思い浮かばずに着色料をつかったそうです。 
あさみちゃんから軽くオーブントースターで焼き、砂糖醤油で食べるとおいしい!
と教えてもらったのでその様にして食べてみたらとっても美味でした〜!


お餅ぽくなくて、もっと口あたりが軽い感じかな。おこしものって何?
ってあさみちゃんに聞いてしまったほどで、食べたことないかも!
なんて彼女に言ってしまったけど、口に入れたらとっても懐かしい味がしました。 


きっと、子供の頃はひな祭りにみんなが食べていたものなのではないでしょうか? 
このお菓子の存在を忘れていただけなのかな?

2007/02/13

❀Napa

またナパに小旅行です!


バークレーから北に車で1時間ぐらいのところにある
ワイン畑やワイナリーか沢山あり、とてもほのぼのとした癒される街です。 


今回は女子3人で行ってきました。まずはナパの一つ手前にある 
Yontoville という小さな街をお散歩です。   

この辺はとっても有名なレストランもあり
しかも何処のレストランに入ってもはずれがないらしいです。


わたしは数ヶ月前にここを訪れた時に行ったフレンチビストロのレストランが有名なお店とは知らずにランチをしたのですが、なかなか評判のいいレストランという事を後から知りました。そして今回もBisto Jeantyでのおいしいランチをいただきまーした。  


前回のナパへの小旅行の記事はこちらです。 

お腹がいっぱいになった後はいよいよナパのワイナリーへ。 


今回はオーガニックのワインを造っているFrog's Leapへ訪れました。 
オーガニックと聞くだけで(お酒飲めないのに)ワクワクしてきますねー。



収穫が終わったワインの木々は根から大地の栄養分を補給しながら来年の収穫に向けてちょっと一休みしている様です。


前回は葡萄の収穫前の10月に来たので車で道を走っているだけでも
熟れた葡萄の甘いアロマがプーンとしていたのを思い出します。           

このワイナリーはワインだけではなく、果物や野菜もオーガニックで育てていて、
オーナーさんや働いている方達が食べたり、ワイナリーに訪れたお客さんにお土産として配っているそうです。


敷地内に鶏小屋もあり、ほのぼのとしていました。そして産みたての卵もお土産に包んでくれたのです。


色々な見学を一通りして裏口にたどり着いた時に我々訪問者を待っていて
くれたのはこんな素敵な、ご自由にどうぞっ!という看板です! 
最後まで訪問者を喜ばせ続けてくれます。 


このワイナリーに来れたことを本当に幸せに感じた瞬間でもありました。 
わたしはこのメイヤーレモンが大好きです。 

チョビチョビと(ワイングラスに1cm程度のワインで)
わたしなりにワイン テイスティングをしていたら酔ってきちゃいました。


心臓ドキドキ、バクバクしてきたのでこのあたりでやめとかないとー。
顔もピンクになってたそうです。


ほとんどお酒を飲まない(飲めない)私ですが、ここFrog's Leapで
造られた一番人気の白のワインをお土産に買いました。


というのも、ここまで至れり尽くせりとして頂いたら(いくら商売といえども)
自分では飲まないけれどお土産に一本ぐらい買いたくなりますね。 
そして、もう一人の友達が2〜3本ぐらい買ってくれたのでそれも嬉しかった! 


3人でワイン1本しか買わないのでは後ろめたいですからね〜。


ナパの北側にある、これまた小さな街 St. Helena でちょっと
ブラブラしてみました。素敵な家具が置いてあるアンティークのお店があり
大きいドアを開けて入ってみるとなんと私の友人 Jean Christian 
のアート作品がいきなり目に写りとってもビックリしました。

ちょうど真ん中にある白い人間のオブジェが彼の作品です。
今はフランスに帰ってしまった彼ですがこんな素敵なお店に置かれているとは
知らないことでしょう。教えてあげなくちゃ! 

ヤスコがAnno Domoniというギャラリーで個展をした時に私を含め
何人かのアート作品も一緒に飾ったのですがその時に Jean Christian 
が創った作品です。


耳のところにステレオが入っていて、そこから音楽が聞こえるようになっている
かなり味のある高度な作品です。

そして、その後はカリストーガの温泉にてゆっくりくつろいでから家路についたのでした。あ〜、実に楽しかったな〜!



2007/01/26

❀in Mexico...


このおばさんが作るフィシュタコスは最高においしかったー。この小さな村は人口500人くらいいるらしいけど、10人くらいしか見かけませんでした。




朝6時、朝日が顔を出したころにローカルの方がバートで小さな島に連れて行ってくれました。 同じ場所でキャンプしているグールプの方達と一緒に行ったのですが、全員で12人くらいいたでしょうか。
そして、島の海辺でスノーケリングをしたり貝殻を拾って遊びました。 


ハワイほど水も透き通ってなくて、お魚もそんなに魅力的ではありませんでした。 
ウエットスーツを着ても寒くて、震えながらがんばりました〜。


砂浜で珍しい貝殻やヒトデを見つけたのが嬉しかったなー。ヒトデを見つけたのは人生お初でした!


大きな鳥の足跡発見! え、逆むきね。 


そういえば、この何日か前にペリカンの大群を見ました。浜辺で歩く私を顔の横側にある目で追っているのですが、頭は動かさず目だけが動いているので面白かったです。しかも何百羽いたペリカンと私の至近距離3メートルくらいで、すべてのペリカンが同じ行動をしていて私の事を見ていました(警戒していました?)。 怖かったのは私の方です、あんなに沢山のペリカンに睨まれて... うそです。あんなに近くにいたのに逃げないでいてくれて嬉しかったです。


2007/01/22

❀Bahia de Los Angeles, Mexico

Bahiaとはスペイン語で湾という意味だそうです。こんな素敵な海辺で何日もキャンプをして、のんびり過ごしました。

旅行に行く時だけはいつも早起きなわたしは、幸運にも毎日、太陽の光と共に新しい一日を迎えることが出来ました。目覚まし時計もない中、毎朝、太陽がまだ顔を出していないのを知るたびに嬉しかったものです。”やったー、また朝焼けがみれるー!”って。 バハ半島の東海岸にステイしたので太陽が海から昇ってきて、夕焼けは西側にある山に沈んで行くのを眺めることが出来ました。


この景色は反対側に太陽が沈もうとしている頃で、写真の右上に空に浮かんでいるのは月です。 わたしが今までに見たすべての景色よりも美しかったです。月が昇り、深いネイビーブルーから薄いグレイに、淡い紫がロマンチックなピンクやピュアな薄いブルーに変わるグラデーションと、小さな波がつくりだすキラキラとひかる海の光沢のあるラベンダー色。 あそこまで絶妙な色の組み合わせを見たのは初めてです。


こんな原始的なパラパの中にテントを張って夜を過ごしました。


夜は冷えるので毎日交代で夕方に枯れ木を拾ってきては焚き火を囲いながらおしゃべりをしたり食事を楽しみました。時計も持たず、アメリカの携帯も使えなく、街には数件あるお店のみ。キャンプ用ガスコンロで食事を作り、読書して、スノーケリングやカヤックをしたり、海辺で遊んで、双子の子供達とお友達になって遊んだりして毎日を過ごしていました。 

2007/01/15

❀Driving to Baja, Mexico


去年の暮れから9日間メキシコはバハ半島の海辺で女子4人でキャンプしてきました。前日急に行くことが決まったわたしはあわてて旅に出かけて行きました。 わたし達の9日間の旅の目的地はバヒア デ ロス アンジェルスという名のパラダイスでした。


車で2日半かけて目的地のBahia de Los Angelesにたどり行く途中、お水を買いに行ったお店でメキシコの犬、チワワに会いました。さすがレンちゃんに似てるなー!


山は見渡す限りトゲトゲのサボテンばかり。触ってみるとほんとに痛いのです! そんなサボテンに止まっている鳥達はすごいなー。どんな皮膚をしているのでしょう?


いきなりこんなカフェがあって見てておもしろかったー。周りに何もないし、誰もいないに!!(笑)