♥ 可愛いモノ ♥
♥ 楽しいコト ♥
♥ 素敵なヒト ♥
そして、自作の帽子の事などを綴っています。



2010/12/30

❀X'mas House

クリスマスは終わったけれど、このうちの近所の可愛いお家の写真を載せておこうと思います。
この家の前をいつも通りかかるのですが、日頃から可愛いな〜と思っていましたが、クリスマスデコレーションがさらに可愛いです。
屋根には鹿たちがソリを引いています。玄関先ではうたを歌う子供達...光だけのイリュミネーションだけではなく色々と凝っていて好きです!  いつも通る度にこの家の持ち主に会いたくて仕方ないです。あなたのお家かわいい〜!って伝えたい!

2010/12/24

❀Merry Christmas

今日はクリスマスイブですね〜。みなさん楽しいひと時をお過ごしですか〜?
うちのクリスマスのデコレーションです。  
陶器類は全部手作りしたモノです。後ろに見えるポストカードはパリで見つけた1920年頃のモノです。

我が家では去年と同様に近くにある森から枯れて地面に落ちていた木を拾ってきてクリスマスツリーの代わりにしています。環境にもお財布にも、とってもエコチックなツリーです。森へ木を探しに行くのもとっても楽しいですし、おまけにドングリとかも見つかるのでさらにうれしいです。




この間のアンティークマーケットで見つけたオーナメントホルダーがこれです。中央にあるゴールドとグリーンの2色で出来たオーナメントは1920年代の古いモノらしいです。そして一番上にいるゴールドのオウムはMixed Picklesで見つけた1970年代のモノです。

みなさんのところにはサンタさんはもう来ましたか〜 ?

2010/12/23

❀Christmas Wreath

クリスマスリースを作りました。
バークレーにお住まいの日本人の先生、マリさんからお花のアレンジを習っています。 マリさんは生け花とかを教えているわけではなく、お花を楽しむ会 *お花の会* というスタイルでマリさんが大好きなフランスチックなアクセントがあるフリースタイルを教えてくれています。

わたしがレッスンで作ったこのリースはクリスマスの典型的なスタイルではないと思います。レッスンにはクリスマスデコレーションには書かせない濃い緑色をした柊や針葉樹なども用意されていましたが,わたしはあえて木の実や,ナッツ、ドライフラワーやユーカリなどのみでアレンジしました。そこにマウントシャスタで拾ってきたとってもビビッドな黄緑のモスをアクセントに合わせてみました。

このリースならクリスマスシーズンだけではなく秋から冬にかけて何ヶ月か飾れると思ったのと、何年も長持ちしそうだな〜と思ったからです。 (柊や針葉樹などは次の年になると色も変わってしまったり枯れてしまうのであまり飾れないみたいです)
他の生徒さんは柊や針葉樹を使っていてとっても生き生きとしたクリスマス風に仕上がっていました。

こんなふうに奇麗に並べてある具材を使います。毎回、まりさんがレッスンの準備をするのもとっても楽しんでいるのが凄く伝わってきます。

マリさんの自然に対する思いはとっても情熱的です。 お花のアレンジやお花にかかわる事を人に教えたり伝えたりするのが大好きなようです。 日頃からお花や他の植物を大切にしているのが凄く伝わってきます。 お花の会ではお花のアレンジの仕方だけではなく、自然環境などにも触れて教えてくれます。

                
            
各自であまりの素材は持ち帰れるので、頂いてきた柊や針葉樹は家のドアに飾るスワッグという物を作りました。 


マリさんのブログはこちらです。

2010/12/21

❀Merry Go Round

お友達の家族と一緒にバークレーのTilden Parkにあるメリーゴーランドへ行ってきました。
メリーゴーランドの周りにはクリスマスのデコレーションがいっぱいでした〜。この鹿さん達がとっても可愛かった〜。 あ、そういえば、ここに来る途中の道で本物の鹿2頭とすれ違いました。バークレーでは鹿とか、アライグマ、巨大リスなどをよく見かけます。


           
サンタさんもメリーゴーランドに乗ってました〜。

メリーゴーランドのすぐ外ではクリスマスのイルミネーションでいっぱいでした。花のようなキャンディーがエントランスに飾られたジンジャーブレッドのお家や北極へのゲイト。

                
かなり大きなツリーも  ❄  ❅   ❄  ❅  ❄  ❅  ❄  ❅  



2010/12/19

❀Antique Market

この間、お友達のアリシアとアラメダのアンティークマーケットへ行ってきました。
アリシアはサンフランシスコの新しいアパートに引っ越しをしたばかりで、家具を探していました。
造花を作るための道具です。 右上のはローズの花びら用。

こんなトリムやリボンも好きです。

シャビーチックでとっても素敵!! 

アリシアも気に入った家具が見つかり、わたしもオーナメントを飾るホルダーを見つけて二人とも大満足でした。 

2010/12/17

❀FALLing into Winter

 沢山の落ち葉が冬のストリートを明るく染めている...
落ち葉の上を歩くのって楽しい...

もう何日くらいここに駐車したままなのでしょう...?

2010/12/15

❀Mixed Pickles

12月4日に、わたしのお気に入りのお店 Mixed Pickles アンティーク が再びオープンしました。
これは Made in Occupied Japan 占領下の日本製のビスクドール。 
か♡わ♡い〜 

"Made in Occupied Japan" 占領下日本製のヴィンテージモノは1947 ~1952の5年間に作られたモノで高品質な物ではないらしいですが、その5年間に作られたという事で希少で価値があるようで日本よりもアメリカでの人気の方が高いそうです。

オーナーのシャロンは去年までバークレーの Shattack 通りでアンティークやビンテージのモノを扱うお店を開いていましたが、今回はロジャーとパートーナーを組んでバークレーとオークランドの境目あたりにお店を開きました。お店の名前は同じくMixed Picklesのままです。

住所は 6395 Telegraph Ave. Oakland, CA

このお店のセレクションがすごく素敵で、わたしもヴィンテージのモノを集めるのが大好きなのでよくお店へ足を運んでいました。


去年シャロンからお店を閉める事を知らされた時はとてもがっかりしました。 私のお家にはこのお店から見つけた可愛いモノが沢山あって、その可愛いお店が無くなってしまうのはとてもショックでした。

今ではまたMixed Picklesが再開店したので嬉しい〜♪〜〜♪〜。
でも、ちょっと危険だ〜。可愛くて何でも欲しくなっちゃうから...

そのお店の開店日にMixed Picklesに品物を卸しているアンティークディーラーのメアリーさんがクリスマスオーナメントのヴィンテージの年代の見分け方を教えてくれたので嬉しかったです。彼女は20年代から70年代のオーナメントを沢山持っていました。

わたしはその中から色々迷ったのですが、金色のフクロウを我が家に連れてきました! 今ではうちのクリスマスツリーの枝に立っています。

オーナーのシャロンとロジャー。

ロジャーはモモカのお店のショーウィンドー用にケーキ型を使ったランプシェードを手作りしてくれました。 凄くお洒落なランプシェードなので、モモカのお店が無くなった今でも我が家で使わせてもらっています!


2010/12/11

❀Mt. Fuji

 11月上旬、お友達のかよちゃんと彼女の家族が富士山へ連れ行ってくれました〜。イェ〜イ!

わたしのひいおばあちゃんの名はフジさんです! わたしが18才の頃に亡くなりました。私にとって初めての近い家族の死でした。

                  
そのひいおばあちゃんはよく おフジさん とみんなから呼ばれていました。 
富士山の中腹からフジひいおばあちゃんのとの思い出に浸っていました。

そのひいおばあちゃんが、わたしがまだ小学生の頃わたしを含め4人のひ孫にお揃いのピンクのマフラーを編んでくれました。 そのマフラーは今でもわたしの宝物です。 そうだ、こんどそれをブログに載せてみようかな〜?!


こんな変わった植物が落ちていました。 
春先にはどんなふうに咲いているのでしょう。

春夏には沢山の人々でにぎわう5合目の休憩所なのでしょう。私たちがここに付いた時にはあまりひとけがなく、真剣に写真を撮るおじさん達などのほんの数人しか見かけませんでした。違う場所から富士山へ登るともっと大きな休憩所があるらしいですが、ここのこんな静けさがいいな〜と思いました。 

いつの日か頂上まで登ってみたいです。
かよちゃんどうもありがとう。
 

2010/12/10

❀Nostalgic, Japan

まだまだ日本へ行っていた時の日記が続いています。
 柿を干してあるのを見るの好きだな〜。
いつかこんなふうに干し柿を作ってみたいです。

左の方の下駄は円になっているので立った時に円の上に立つ感じになるんですね。 この下駄を履いて出かけると、なんだかいい縁がありそうですね。
招き猫の下駄はあんまり足で踏みたくないな〜と思うのはわたしだけでしょうか? これは飾り物なのでしょうかね?

月島にある江戸時代は1603年創業の佃煮屋さん、天安へ行ってきました。とっても有名らしいです。 月島に住んでいるお友達のマユが教えてくれました。
 
なんとも徳川家康が江戸幕府を開いた時に大阪の佃村から漁民を呼んでこの月島に移住させ城内の台所を任せたそうです。 漁業権を与え、小魚類を保存するために保存食を作り、それが漁民の故郷、佃村に因み佃煮とよばれるようになったそうです。

小エビとフキと昆布を母にプレゼントしました。 味見してみましたがとっても塩っぱくてご飯とぴったりでした。 

2010/12/06

❀French Chic in Japan

フランスも大好きだし、フランス的な物も好き!

日本って色んなところにフランス的な雰囲気が漂っていますよね。
例えばレストランはもちろん、カフェ,建物、インテリア、雑貨などなど...

友達のあさみちゃんとランチへ行った、自由が丘にある
á la campague というおしゃれなカフェのメニューです。

こちらは青山にある Orné de feuilles 
このお店にはずっと行ってみたかったのです。
素敵な雑貨をフランスから買い付けてるそうです。 
とってもかわいい店内です。

この雰囲気がとっても好き。中野を歩いているときに見かけました。

自由が丘のカフェでのテーブルのインテリア。

原宿で... この錆び具合が素敵。

自由が丘で。 自転車もこのお店のディスプレイの一部です。

ここは中目黒のカフェ。
友達のなおみちゃんとモンブランを食べた時です。店内のインテリアも食器などもフレンチチックです。モンブランがすごく美味しかった。 

2010/12/04

❀Millinery Shop in Tokyo

先月数週間日本へ帰っていた時にNIshia帽子材料専門卸店へ行ってきました。
東京,中野の住宅街にありました。
この材料店は沢山の道具や素材が置いてあってドキドキしました。今まで見た事のない商品とかも置いてあったので、ちょっとしたトレジャーハンティングをしているみたいな感じでした。
面白いな〜ともったのはビンテージの雑誌がいくつも置いてあって、その中から好きなページを10円でコピさせてもらえるサービスでした。残念ながら雑誌を眺めている時間まではありませんでしたが、色々な商品を見て回れたので嬉しかったです。

こんなに沢山ある帽子のモルド(型)も凄く安い値段でレント出来るようです。 
自分のステュディオにこれくらいモルドがあったら嬉しいのにな〜。

2010/11/29

❀New Felt Hats

Momocaの新商品のフェルトの帽子が Shotwell と Wonderland  にて販売中です。 

このスタイルは女性はもちろん男性の方に被って頂いてもかっこいいデザインに仕上がりました。 この尖った部分を顔の右側、左側、もちろん後ろにしても被れる自由な帽子です!



ここからはもうちょっとフェミニンな帽子です。↓↓↓↓↓↓↓





Shotwell is located in Union Square;
320 Grant Avenue (between Bush & Sutter)
San Francisco, CA94108
www.shotwellsf.com



Wonderland is located in Mission ;
2929 24th St (between Florida St & Alabama St)
San Francisco, CA 94110
www.wonderlandsf.com

Momocaの人気ジャケットもこちらのお店にて販売されていますのでどうぞお見逃しなく !! 

2010/10/25

❀Souvernier from Paris 2

2006年に初めてパリを訪れた時に、お友達のアリシアがパリを案内してくれました。アリシアはベイエリア出身で、その頃2年位パリに住んでいました。

Le Bon Marché とういうデパートへ連れて行ってくれ、そこで初めてマカロンを食べたのです。 
記念すべきマカロンデビューでした 

そのアリシアがパリへ遊びに行って来たのでお土産をくれました!!

大好きなLaduréeのマカロンの箱に入った " Merci "  と書かれたスタンプでした。 

こちらこそMerciです。 Alicia !