♥ 可愛いモノ ♥
♥ 楽しいコト ♥
♥ 素敵なヒト ♥
そして、自作の帽子の事などを綴っています。



2012/01/26

❀Tea Ceremony


お茶のお稽古を習いはじめてもうすぐ1年になるところです。
幼少の頃にガールスカウトにいたころ一度だけ茶道の真似事の用な事をしたのを覚えていますが、まさか、ここアメリカの地で自分がお茶のお稽古を習うとは思っていもいませんでした。何せ私は和菓子が苦手なのですから...

先週はお初釜(今年度初のお稽古)でしたが、去年は秋頃から冬にかけて何度か着付けのお稽古もして頂いたおかげで、今回はなんとか一人で着られるようにもなりました。体の後部で帯締めをするのにはまだ慣れませんが、自分で着物を着られるのは大きな喜びです。去年、母、祖母や叔母などの着物を日本から送ってもらい今では着物が何枚もありますが、帯との組み合わせが難しいです。

まだ習いはじめて1年もたたない私が言うのもなんですが、茶道は奥が深いです。それぞれの作法、道具、手の動き、花や掛け軸、そして体の向きなどすべてに意味があり、いつもいつも学ぶ事が盛り沢山です。日本人として(特に外国に住んでいる私には特に)、忘れかけている敬いの気持ちや作法が学べるのは最高に幸せなひとときとだと感じています。

そして、私が茶道を学ぶことになった1番の理由は、やはり、先生と出会えた事です。人として女性として尊敬出来るこの方から茶道を学んでみたい!そう思えたのが一番のきっかけでした。

この日は許可を得て、特別に写真を撮らせて頂きました...
茶道は季節によりお釜などの道具の種類や配置が変わりますが、この写真はお初釜の時です。

とても可愛いお茶菓子でした。 私は和菓子のお味を楽しむ味覚を(今のところ)もっていないので、いつも視覚で美しさを楽しんでいます。

桜色と若葉色の組み合わせはとても春らしい色合いですね。そこに元気な卵色(白と濃い黄色)がさし色になり新春の(生まれたての卵のように)活力を感じます。